FOODLOSS

フードロスとは

フードロスとは

フードロスとは、人が食べるためにつくられた食料が、失われたり捨てられたりしてしまうことを指します。食べ物は、生産されてから私たちの口の中に入って消費されるまで、農場や漁場、貯蔵施設、食品加工工場、スーパーやコンビニ、そしてレストランや家庭など、様々な場所を川を下るように旅していきますが(この流れを、経済の言葉でサプライチェーンといいます)、その途中で、まだ食べられるにも関わらず、様々な理由から失われたり、捨てられたりしてしまいます。

食べ物が作られてから、私たちに届くまで

上の図を見ると、特に、川下の流通・消費段階で見聞きするフードロスが多いように感じませんか?事実、日本のフードロスのうち約半分が、消費段階、つまり家庭で発生していると言われています。この他にも、外食で食べ残しをしたり、お店で買い物をする時に(消費期限の遠い)新しい食品から購入したり、また形の悪い野菜(規格外野菜、ということも)を買うことに消極的になってしまったり・・・食べる人一人一人の行動や姿勢が、家庭の外でおこるフードロスに関係していることも少なくないのです。

COLUMN-1

日本と世界は違う?!フードロスの定義。

2011年頃から研究が盛んになったフードロス。この新しい言葉の定義、実は国や地域で異なるのです。日本では行政を中心に、「食品ロス」(本来食べられるのに捨てられている食べ物)という言葉と定義を使うことが多いのですが、国連食糧農業機関(FAO)が世界の研究者や実践者と議論してとりまとめた最新(2015年1月時点)の定義では、

・食料ロス(food loss):食べ物の量的もしくは質的な価値が減少すること
・食料廃棄(food waste):食料ロスの一部で、特にまだ食べられるのに捨てられているもの
※量的減少は重量(kg)が、質的減少は栄養価や経済価値、食品安全性などが減ったり損なわれたりすることを意味する。

とされています。
食料ロスの中でも一部のものだけが「食料廃棄」として特別に分類されるのは、例えば食べ物の劣化が原因でやむを得ず捨てる「食料ロス」と異なり、まだ食べられるのにも関わらず、商慣習や、人々の価値観・経済観念などが原因で捨てている現状を、より良く理解するためです。例えば、食べ残しや賞味期限切れの食品などが「食料廃棄」にあたると考えられています。

またこのことから、「食料ロス」は生産や加工の段階(サプライチェーンの川上)で、「食料廃棄」は小売や消費の段階(川下)でおこることが多いと考えられています。
ただ、食料ロスと食料廃棄の分類は必ずしも明確ではなく、多くの場合は二つまとめて「食料ロスと廃棄(Food Loss and Waste / FLW)」と総称が使われるようです。

※このウェブサイトでは、【フードロス(=食品ロス)】のように注記がある場合を除き、【フードロス=食料ロスと廃棄の総称】の意味で表現しています。

出典:Global Initiative on Food Loss and Waste Reduction “Definitional Framework of Food Loss” (2015)