FOODLOSS CHALLENGE PROJECT

「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」について

「食べる」を「捨てる」を「考える」

まだ食べられるものを捨ててしまうということ。それは本来、気持ちのいいことではないはずです。けれども、それを許してしまう社会の仕組みが存在します。そして、ほかならぬ私たちひとりひとりも、その仕組みができあがることに、多かれ少なかれ何らかのかたちで関わっている・・・。このプロジェクトは、そうした問題意識からはじまりました。

このプロジェクトでは、だれかを悪者にしたり、自分の気持ちにフタをしたりするのではなく、「食べること」や「食べ物を大切にしたいという人間本来の気持ち」に立ち返りたい。生活者、企業、行政、生産者、NPO、学識者が一緒になって、このテーマに取り組むことで、よりよいアクションを創りだしていきたい、と考えています。

「食べる」ことへの感謝がきちんとある社会は、生きる土台がしっかりしている社会だと思う。
そのように社会の仕組みを組み替えることを目指して。
フードロス・チャレンジ・プロジェクト、はじめます。

フードロス・チャレンジ・プロジェクト
2012年12月

企業、団体、行政等のみなさまへ

フードロス・チャレンジ・プロジェクトでは、企業からNPO、自治体まで、これまで様々な組織と協働してきました。また、過去の活動や豊富な知見をもとに、多数のメディア掲載および情報提供の実績があります。「フードロス」というテーマを起点としたアクション創出や情報発信にご関心をお持ちの方は、Contactよりお気軽にお問い合わせください。

プロジェクトの活動ダイジェスト(2012年12月〜2016年1月)はこちら

運営者について

大軒恵美子(代表 / 国連食糧農業機関(FAO)日本事務所 元企画官)

系統金融機関を経て、国連食糧農業機関(FAO)日本事務所にて企画官を務める。勤務開始直後の2011年5月に、国連初の食料ロス・廃棄問題に関する報告書「Global Food Losses and Food Waste」が発表されたことを機に、日本国内で同テーマに関する情報発信・啓発をするとともに、問題解決を目指すステークホルダーが集まるプラットフォームとして、プロジェクト立ち上げを推進する。

平井巧(サルベージ・パーティ®事務局)

SP広告代理店、IT関連会社を退社後、トータルフードプロデューサーとして活動。「表参道ごはんフェス」のほか、フードロスを考える「サルベージ・パーティ®」を企画運営。2014年4月より東京農業大学にて多摩川流域のブランディングに取り組む「Resources Project」を立ち上げる。2015年、食のデザインチーム「honshoku」を結成。

NPO法人ハンガーフリーワールド

飢餓のない世界を創ることを目的に活動しているNPO法人、ハンガーフリーワールド。日本に本部を置き、バングラデシュ、ベナン、ブルキナファソ、ウガンダで活動。海外4ヵ国では地域の住民とともに、栄養改善や教育など、飢餓のない地域づくりを行う。日本では、私たちの暮らしや食生活と世界の飢餓とのつながりを伝え、飢餓の終わりのために行動することを呼びかけている。

博報堂bemo!チーム【事務局】

博報堂bemo!チームは、企業や団体が、顧客や取引先、地域社会などの多様な関係者と“乗り合い型”のチームを結成し、自社や関連業界のこれからの社会的価値や事業モデルを共に構想し創出する手法「マルチステークホルダー乗り合い型価値創造プログラム『bemo(ベモ)』」を開発・提供している博報堂のコンサルタントチーム。ソーシャルテーマに関する実践経験豊富なメンバーが、「競争から共創へ」を掲げ、新しい時代の価値創造を目的に活動中。

Save Food Initiative【パートナー】

フードロス・チャレンジ・プロジェクトは、国連食糧農業機関(FAO)とメッセ・デュッセルドルフが設立したSAVE FOOD initiativeの国内唯一のパートナー団体。Save Food Initiativeは、世界の食料ロス・食料廃棄問題に取り組むグローバル・イニシアティブとして2011年に活動を開始し、研究機関や業界団体、市民社会など様々なプレーヤーと連携のうえ、主に調査研究・情報発信を行う。